--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬たちをおくる日

2011年03月01日 01:33

クロがウチにやってきて1年と171日目です。
1年前のクロは→コチラ


昨日、泣きながら本を読んだ。

今まで目を背けていた現実に向き合った気がした。

Page_1103013.jpg

ここ最近、考えさせられることが続いていたので

読むべき時が来たんだと思った。



自分に出来ることは何かな?


まずは知ること。

目をそらさずに。





読んでいる途中で

Page_1103011.jpg

クロが膝の上に乗って来た。

泣きながら抱きしめた。


クロ・・何か伝わったの?




『犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない
おすすめです。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


コメント

  1. サコリン | URL | LV.fIrCY

    日曜日の「行列の出来る法律相談」でペットに関するトラブルってのをやってたんだけど
    紳助がええ事言ってた。
    保健所に持ち込んだ飼い主は、殺処分される時に立ち会うべきだ!
    自分の愛犬、愛猫がどのような苦しい顔をして死んでいくかを
    その目でちゃんと見届けるべきだと。。。
    飼えなくなったからと簡単に行政に委ね、残酷な事には目を背ける。
    殺処分する職員さんの苦しさや辛さなども当然知る由もない。

    動物の命も人間の命もなんら変わりの無い大切な命。
    一日も早く動物を飼う資格制度の導入、殺処分の飼い主立会い。
    そして、殺処分のない国になってほしいと心から願います。

  2. さくままごん | URL | -

    朝から目が腫れてもうた~~v-406v-406v-406ほんとその手の本は立ち読み段階ですでに号泣してしまうので私の中では立ち読み厳禁な種類、でも必ず読まなければいけない本ですよね。小学校とかの課題図書にすればいいのにv-293
    いろんな法律も増えていくと思うけどやはり日本人のペットに対する考え方を変えないとね、ヨーロッパとかはペットショップ自体がないと言うしね。そもそも私もだわ、さくらさんペットショップで探してもらったからv-390
    ブリーダーさんも犬種を残すという目的ならいいと思うのですがお金が儲かるからという目的では繁殖して欲しくないなぁと・・(ごめんなさい、私の個人的な意見です)
    なかなか難しい問題ですが生まれてきたワンコを1頭でも悲しい目にあわせないためにみんなで協力していけたらと思います。  今回は真面目なごんだまちゃんv-221

  3. をっくん | URL | -

    サコリンさま

    わたし、クロを迎えるまで全く知らなかったんです。
    クロと生活していくうえで少しづつですが
    そう言った問題があるんだってコトを知りましたが
    それでも、あんまり直視してこなかったと思うんです。
    見るとツライから・・胸が苦しくなるから・・って
    でも、知らなきゃいけないんですね。

    島田伸介の言葉、ほんとうにそうですね・・。
    心ない飼い主にはしっかり見て感じて欲しいです。

    ・・以前サコさんが美容室で出会った
    老犬ホームに犬を預けたって自慢していたおばさん
    そんな飼い主がこの本の中に沢山出てきました・・。

    少しでも殺処分が少なくなるように
    自分が出来ることを考えてみたいと思います・・。

  4. もじ子 | URL | 9L.cY0cg

    私は本を買っても家に置く場所がないのでよく図書館に寄付するんだけど、この本もそうしようかな。
    以前より殺処分問題がマスコミに取り上げられてる気がするけど・・・志村動物園とか、同じ番組内で繁殖犬の紹介とかしてるのが不思議。。
    先週末その番組に杉本彩さんが元保護犬と出てたけど、悩んだ末なんだろうなぁ。
    でも、知ってもらうことが第一ですよね。

  5. はるあさ | URL | -

    つい先日躾のお姉さんがこの本の話をしてたところなんだぁ

    ほんとに信じられない位いろんな人が居るって・・・

    私もななを飼うまでは知らなかった世界
    お金を出してななを飼ったけど
    ななを飼わなかったら、知らなかったわけで・・・

    知ってるだけで、自分が出来る事
    考えられるよね。
    人に伝える事も出来るし。

    殺処分なんてほんとに辛いね・・・

  6. をっくん | URL | -

    さくままごんさま

    ね、今まで何となく判っていても読めなかったんだ~
    ダメだよね・・・。
    いつものランで働いている子が譲渡会とか
    引き取りとか、色々やっていて、来月の譲渡会来てみませんか?って言われて・・。
    また、ペット業界で働いていた女の子の話を聞いたりして。。
    知らなくちゃいけないことが沢山・・。

    知らないでペットショップで生体を買うってコトが当たり前って人、多いと思います。
    まずはそこからなんだろうね。

  7. をっくん | URL | -

    もじ子さま

    さすがもじ子さん・・図書館に寄付って素晴らしいデス。
    この本も皆さんに読んで貰ってほしいですね。

    以前、クロがウチに来る前はただ単に「動物可愛い~」って
    テレビを見たり、ペットショップをはしごしたり・・。
    ホント無知でした。
    確かに最近意識してテレビを見てると、矛盾してること多いですよね。
    ・・確かに、杉本彩さんの出演・・考えたみたらそう思えますね・・。
    (言われなくっちゃそう言うコトにも気が付かないワタシ・・涙)

    そうそう、そうなんです。
    なんにも知らないで居るよりは知るきっかけになれば良いですね。

  8. をっくん | URL | -

    はるあささま

    ふふ、はるあささんの記事読んだよ~
    沢山本をお借りしているみたいだね^^

    読んでいて楽しい本も心に染みる本もあるけど
    現実を伝えてくれる本も必要なんだろうね。

    確かに、ワタシもそうよ。
    クロが居なかったら何にも知らないまま過ごしてたんだろうな・・。

    人によって受け止め方
    出来ることも違ってくると思うけど
    でも、知らないより数倍いいよね。

    どの子もみんな同じ命。
    少しでも減ってくれると良いな。。

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. リリママ | URL | -

    現実から目を背けたくなる事…生きていればたくさんありますよね。でも…しっかりと見つめて乗り越えて行かなければ何も変わらない。今目の前にいる自分達の可愛い我が子だって一歩間違えれば本の中に出てくるコ達になってたかもしれない。人間は犬や猫を選べても、犬や猫は飼い主を選べない。命の重さ温かさは我が子達と一緒。悲しい命だけは…人間の手で作りたくないですね

  11. Michy | URL | jViTC7kk

    私も泣いた~。

    子供向けの本だけどね、大人の心にも響く本でしたね。
    愛媛県、頑張っているなぁ。
    それでも殺処分ゼロにはならないんですよね~え。
    飼い始めてから手放す人の気持ちがどうしてもわからん!
    でも、それを理解しないと防止方法もみつからないかも…
    複雑だ。
    ↓あ、2度も茅ヶ崎にラーメン食べに来てる!!
    横浜大飯店どうでした?
    いつも行列できているんだけど、以前行って「…??」って
    思った記憶が。

  12. ぷり母 | URL | -

    図書館にあったので、さっそく予約してみました。
    ちょっと前に
    「ペット大国日本の責任!―いのちがおしえてくれたこと」
    って本も図書館で借りて読みました。
    なんだかこんな本ばかり気になるのわかります...。
    まずは現実を知っている事が最初の一歩だもんね。

  13. まろん | URL | -

    どんな命にも重い軽いなんてないよね。みんな愛される為に生を受けた命…動物も、人間も、みんな。一つ命にちゃんと心を添わせていきたいね…いろいろ考えさせられる問題だよね。

  14. をっくん | URL | -

    鍵コメさま

    コメントありがとうございます。
    お教え頂いてありがとうございました^^
    鍵コメさまらしいですね。

    これからも色々教えて下さいませ・・。

  15. をっくん | URL | -

    リリママさま

    そうですよね・・。
    何にも変わらないんですよね・・。
    この本の中にもありましたが
    「命の椅子取りゲーム」という言葉。
    繋がれる命と、消えゆく命・・。
    本来なら そんなコトが起きてはいけないんですよね・・。
    少しでも早く動物に優しい社会になってほしいです・・。

  16. をっくん | URL | -

    Michyさま

    ね、あっと言う間に読めてしまう本だけど
    とても丁寧に書かれていて
    子供向けとは言っても、ぼやかしていないし・・。
    少しでも多くの子供にも読んで欲しい本ですね。

    ・・ほんと、手放す人の気持ち、判らないですよね・・。
    手放したワンコと記念写真を撮りたいとわざわざカメラ片手にセンターにやって来て
    ピースサインで写真を撮っていった親子・・。
    多分書かれているのは ほんの数例なんでしょうね・・。
    愛媛県のセンターの方の想いとはかけ離れすぎて
    同じ人間とは思えませんね・・。

    横浜飯店・・・
    ガッツリ中華屋さんのラーメンって感じで^^;
    旦那さんはかなり気に入った様子でした~
    ・・・また、近々行きそうな勢い(汗)

  17. をっくん | URL | -

    ぷりままさま

    そうなの、多分真剣にこう言った問題に向き合っている人からみたら
    「なに甘いこと言っちゃってるの?」って感じかも知れないけど
    知るって、大きな違いだと思うの。

    当たり前だと思っていた我が国のペット事情・・。
    知れば知るほど「??」なコトも多いのですね・・。

    難しい問題もあるだろうけど
    少しでも小さな命が助かる社会になってほしいね・・。

  18. をっくん | URL | -

    まろんさん

    ね・・。
    みんな同じ命なのにね。
    人間のかってで 小さな命が消えてしまうなんて・・。
    自分に出来ることをしていきたいと思いました・・。

  19. ゆう | URL | /7CmAM7k

    こんばんわ。偶然なんですが、先ほど駅でクロ君にそっくりな、すっごい笑顔の黒柴を見ました。命の椅子取りゲームという言葉、なんて言っていいかわからない気持ちです。本を読んでみようと思います。

  20. くうママ | URL | -

    ひえ~
    出遅れすぎだけど・・・(汗)

    メッチャ、号泣したでしょ~
    私もダメだ、、、声でちゃうよ・・・

    最近、良くTVや本で見かけることが増えてきたよね
    もっともっと取り上げてほしよね。
    きっとくうを家族に迎えたから気にとめることができてるのかもしれません
    くうが居なければもしかして可哀想、ひどいで終わってるかもです。

    私は何時もくうに「くう~幸せ~?」「くう、好きよ」って声かけてます
    意味わかってないみたいだけど(汗)

    何かしてあげたいと思いながらも
    何が出来る?何からしたらいいかわからないの・・・繰り返しです。

    前に購入を決めた飼い主さんにちゃんと話をしてから引き渡すペットショップが取り上げられてました。
    実際、年間にどれだけお金がかかるか・・・
    どれだけ予防接種が必要か・・・何年生きるか、大変な事もちゃんと説明して
    ず~っと大切に家族として迎えられるか確認してから引き渡すと・・・
    そこで考え直す方も居るって言ってました。
    大切な事だよね。

    前にクッキーままが犬との10の約束を記事にしてくれたでしょ
    最後の約束で・・・
    「私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。」この言葉だけでもじ~んときちゃうんだ。

    皆、約束してほしいよね
    大切な命なのに・・・




  21. をっくん | URL | -

    ゆうさま

    こんにちわ^^
    わぁ~クロに似てる黒柴ちゃんですか??
    見てみたいなぁ~。

    本当ですよね・・「椅子取りゲーム」で命が消えていく現状。。
    少しでも早く、少しでも多くの命が助かる社会にしなくてはいけませんよね・・。

  22. をっくん | URL | -

    くうママさま

    うんうん・・。
    そうなんだよね、クロと一緒に過ごし初めて
    色んなコトに意識が向くようになったけど
    まだまだ勇気が無くてあんまり向かい合っていなかったんだけど

    この前、いつものランで「今度の譲渡会クロママもいらっしゃいませんか?」って誘われて・・。
    スタッフの子がそう言った活動に力を入れてて、一度見に来て下さいって。
    いままで、ブログなどでしか見たこと無かったけど
    実際自分が飼い主さんたちを待つワンコを見てどんな風に思うか判りませんが
    行ってみようと思っています。

    「何かしてあげたいと思いながらも
    何が出来る?何からしたらいいかわからないの・・・繰り返しです。 」
    ・・そうそう、まさしくそうなんだよね・・。

    きちんと説明をしてくれるペットショップ・・
    生体販売をするペットショップって存在自体が問題になっているけど
    それでも、そうやって話をしてくれるなんて素晴らしいね。
    ・・どこもそうだと良いいのにね・・。

    本の中で「ガス室の中で処分されても
    最後まで飼い主を信じているかのような穏やかな顔をしていた」
    って書かれているんだ・・。

    犬を飼うって決めたからには最後の最後まで一緒に居てあげてほしいよね・・。
    「約束」守ってほしいね・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。